音楽の話題を中心に、エンターテイメントを追求するブログです★(更新終了)

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

↑↑クリックしてね(・∀・)ノ↑↑

プロフィール

ポニー♂

Author:ポニー♂
性別:男性
誕生日:1986年3月1日
年齢:22
血液型:AB型
現住所:千葉県
職業:大学生
特に好きなアーティスト:安室奈美恵
特に好きなジャンル:Contemporary R&B

ザ・ミーハーです!w
女性アーティスト、ビートの効いたグルーヴィな音楽、踊って歌う人が特に大好き♪

※コメントやトラックバックはこちらの判断で削除する場合があります。

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコード(ケータイ)

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

Usher 「Here I Stand」 

No.1ヒットを連発して大ヒットした前作「Confessions」から約4年振りとなる、Usher待望の5th Album「Here I Stand」です。
制作はお馴染みのJermaine DupriBryan-Michael CoxAndre Harris & Vidal Davisから、C. "Tricky" StewartThe-DreamPolow Da DonL.O.S. Da Maestrowill.i.amStarGateNe-YoDanjaJonathan Rotemなどが
参加。
ゲストにはJay-ZBeyonceLil WayneYoung Jeezyと、スーパースターUsherのために大物がこぞって終結した大作となっています。

Usher 「Here I Stand」 
=20点、=10点、+=5点でお気に入り/満足度を評価。




---Track List---

02.「Love In This Club feat. Young Jeezy」
★★★★☆+
近年のエレクトロサウンドを盛り込んだ、幻想的かつスムースな美ダンスチューン。
今回のアルバムの先行シングルで全米No.1を獲得。
Young Jeezy参加の経緯は、たまたまこの曲を聴いて「採用しなくても良いからこの曲でRapさせてくれ!」ってPolowに頼んでレコーディングしたそうな。
Young JeezyのRap入りトラックを聴いたUsherが気に入って採用されたって話です。
さらに先行シングルになった理由もPolowが勝手に「このトラックはアツすぎるっ!!」と思い、自らネットにリークしたためと言われていますw
Produced by Polow Da Don

03.「This Ain't Sex」★★★★☆
C. "Tricky" StewartJazze PhaThe-Dreamが共作した軽快でグルーヴィなアップナンバー。
Produced by C. "Tricky" Stewart & Jazze Pha / Co-Produced by Terius "The-Dream" Nash

04.「Trading Places」
★★★★+
J. Holiday「Bed」Chris Brown「You」などをProduceしたL.O.S. Da Maestroの手による幻想的なミッドナンバー。
個人的にL.O.S. Da Maestroの曲ってあんまり好きなのがなかったんだけど(前述の曲も然り)、この曲は同系ながらも味があって良い(・∀・)
ソングライティングにはThe-Dreamも参加。
Produced by L.O.S. Da Maestro

05.「Moving Mountain」
★★★★☆+
切ないピアノの旋律とエレクトロサウンドが絡むミッドナンバー。
Usherの叫ぶように訴えかけるヴォーカルは圧巻。
アルバムからの3rd Singleです。
Produced by C. "Tricky" Stewart & Terius "The-Dream" Nash

06.「What's Your Name feat. will.i.am」
★★★☆
will.i.amらしいブリブリした低温シンセブラスが鳴り響く軽快なナンバー。
悪くないけどそこまで大した曲じゃないかな。
Produced by will.i.am

07.「Player For You (Interlude)」
次曲の「Something Special」へと続く美しいインタールードです。

08.「Something Special」★★★☆
生音を多用したアコースティックで温かみのあるJDらしからぬミッド。
Johnta Austinがソングライトで参加。
Produced by Jermain Dupri / Co-Produced by Manuel Seal & LRoc

09.「Love You Gently」
★★★
Andre Harris & Vidal Davisが手がけたオーソドックスなスロー。
ちょっと退屈。
Produced by Andre Harris & Vidal Davis

10.「Best Thing feat. Jay-Z」★★★★☆
Jay-Z「American Gangster」に収録されていても違和感がない、ソウルフルなHIP-HOPナンバー。
JDJay-Zのアルバムの作風を引きずって作った曲って感じです。
Jay-ZのRapがヤヴァス。
この曲もソングライトでJohnta Austinが参加。
Produced by Jermain Dupri / Co-Produced by Manuel Seal

11.「Before I Met You」
★★★★☆
Bryan-Michael Cox制作の悲壮感溢れるミッドナンバー。
今回も良質な曲を提供してくれました。
こちらもソングライトにJohnta Austin
Produced by Bryan-Michael Cox

12.「His Mistakes」★★★★☆
Rihanna「Unfaithful」Beyonce「If」と同系の、StarGateお得意のピアノ&ストリングスを用いた悲壮感溢れるナンバー。
Ne-Yoがソングライト&Co-Produceで参加。
Produced by StarGate / Co-Produced by Ne-Yo

13.「Appetite」
★★★+
近年Danjaが手がけた楽曲の中ではあんまり好きじゃないなぁ。。
雰囲気で言うとMariah Carey「Migrate feat. T-Pain」に近い不穏な雰囲気の曲です。
Produced by Danja

14.「What's A Man To Do」★★★★☆+
StarGateMJBさん「Growing Pains」に提供した曲に近い雰囲気を持つ、ものかなしいくもグルーヴィなミッド。
アルバムの中でも特に好きな曲です♪
ソングライトにはJohnta Austinが参加。
Produced by StarGate

16.「Lifetime」★★★☆
幻想的な雰囲気を醸し出したミッドナンバー。
Produced by James "Jlack" Lackey

17.「Love In This Club Part Ⅱ feat. Beyoncé & Lil Wayne」
★★★★
BeyonceLil Wayneをfeat.してロマンティックな生まれ変わった「Love In This Club」のRemixにして2nd Single。
あまりに原曲が残ってなくて別の曲のようです。
良い曲だと思うんだけどなぜかハマるには至らないのでこの評価に。
Remix Produced by Soundz

18.「Here I Stand」
★★★★
Andre Harris & Vidal Davisによるアルバムタイトルナンバー。
バンドサウンドによるオーソドックスで温かみのあるミッド。
大人になったUsherを感じさせる曲です。
Produced by Andre Harris & Vidal Davis

19.「Will Work For Love」★★★★
Jonathan Rotemによるラストナンバー。
Leona Lewisに提供した曲と同様、彼らしい打ち込み全開のナンバーではなく、バンドサウンドを全面に押し出した歌メインのトラックです。
前向きで自信に満ち溢れた曲です。
Produced by Jonathan "J.R." Rotem

---Bonus Track---

01.「Forever Young」
★★★★
オープニングは歌劇に出てきそうな雰囲気で、ビートが追加されるとHIP-HOP SOULに。
ひときわシリアスなナンバーです。
Produced by James "Jlack" Lackey

15.「Revolver」
★★★☆
Diddy「Last Night feat. Keyshia Cole」ちっくなトラックの曲で、ファルセットを多用してるのが特徴。
(・∀・)<ジャスラカリボーバベー♪ってのが印象的です。
Produced by Alexander "Prettiboifresh" Parhm



総評:
★★★★☆
「Confessions」より地味すぎず、「8701」より弾けてないアルバムって感じですw
4年間アルバムを出してなかった間に頭角を現してきたProducerと組むことで、新しいUsherと大人になったUsherを上手く表現できたアルバムになってると思います。
やっぱり改めて思うのはそこらのシンガーより歌唱面で頭一つ抜き出ていることですね~。
この歌の上手さはいつ聴いても気持ちが良いもんです。
それにしてもやっぱりStarGateはどのアルバムでも、決してハズすことなくクオリティの高いものを持ってくることはを得ないですなw
ポニ的には「8701」>>「Here I Stand」>>「Confessions」でFAです。

2008年5月28日リリース

---PONY♂ MUSIC DIARY---
「ポニコンアルバム編 Here I Stand」

スポンサーサイト
2008/07/22 00:00|音楽感想文(洋楽ALBUM)TB:0CM:4

コメント


「This Ain't Sex」
「Best Thing feat. Jay-Z」
「What's A Man To Do」
シングル以外はここら辺をよく聞いてた。
アルバムとしてはそんなに好きになれなかったなぁ。
まずジャケットが暗いんだもんw
ピタ #-|2008/07/23(水) 13:18 [ 編集 ]
>ピタくーん
そっか~
でもUsherのジャケって最初っから明るいのないよねw
1stのジャケは暗くて"えなり"だったしw
ポニー♂ #-|2008/07/25(金) 15:59 [ 編集 ]

Love In This Clubのダンスはまさに神です!!
アルバム自体は今までのアッシャーでも面白くはなかったかも・・・。
ただ、この人はダンスが神なので・・・。
C.COOL #-|2008/07/26(土) 22:28 [ 編集 ]
>C.COOLさん
Usherのダンスはいつもすごいですよね~!
やっぱりダンスって武器ですよね。
C.COOLさん的にはアルバムはビミョーだったみたいですねw
ポニー♂ #-|2008/07/27(日) 17:20 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://pony0301.blog83.fc2.com/tb.php/416-5309796b

Live Performance

「You're my sunshine~Chase the Cahnce~Don't wanna cry」

♪安室奈美恵

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

アクセスカウンター

アクセス解析

Copyright(C) 2006 PONY♂ ENTERTAINMENT INC. All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。